スミスマシンでスクワット【限界突破をしよう】

「もっと脚を追い込みたい。
だけど、通常のスクワットでは限界を迎える前にフォームが保てない。」

「スミスマシンでスクワットを行えば、フォームが乱れにくく、最後まで脚を追い込めますよ!」

✔こんな悩みをお持ちの方へ

  • スクワットで脚を追い込みたい
  • 安全にスクワットをしたい

 

本記事の構成

  • スミスマシンでスクワット[メリット]
  • スミスマシンでスクワット[注意点]
  • スミスマシンでスクワット【限界突破をしよう】

スミスマシンでスクワットをして、限界突破をしよう。

スクワットとは、しゃがむ+立つという人間の基本動作です。

鍛えられる筋肉は、下半身を中心に、重りをもてば上半身の筋肉も同時に鍛えられます。

スクワットで期待できる効果として、ダイエット、ヒップアップ、体力アップなどがあげられます。

今回は、メリットたっぷりのスクワットをスミスマシンで行った際の、メリットと注意点を解説します。

スミスマシンでスクワット[メリット]

スミスマシンでスクワットをするメリットは2つあります。

1.鍛えたい筋肉に集中できる

2.安全性が高い

1.鍛えたい筋肉に集中できる

スミスマシンでスクワットを行うことで、鍛えたい筋肉にのみ集中して動作を行いやすくなります、

スミスマシンは、バーベルがレールで固定されているトレーニングマシンです。

つまり、スミスマシンを使った動作は基本的に、同じ動きを繰り返すことができます。

同じ動きを繰り返すためには、同じ筋肉を動かし続けなければならないので、結果として鍛えたい筋肉を集中して動かしやすくなります。

例えるなら、電車と車の動き方の違いです。
車がバーベルやダンベルなどのフリーウェイト、電車がレール付きのスミスマシンです。

車は、レールではなく道路の上を走るので、ハンドルを回して車体をコントロールしなくてはなりません。

しかし、電車は基本的にレールの上を動き、左右のハンドル操作の必要性は高くありません。

電車の方が、車体をコントロールする手間が減ります。

つまり、スミスマシンの方が、体の軸をコントロールする必要性が下がる分、鍛えたい筋肉を集中して使いやすくなるのです。

2.安全性が高い

スミスマシンでのスクワットは、通常のバーベルスクワットと比較すると、安全性が高いです。

スミスマシンには、バーベルを戻す際に必要となる「ラック」が、細かく備えつけられています、

万が一、スクワット中に立ち上がれなくなっても、バーベルを回転させれば、安全に動作を終えることができます。

「ラック」と同様に、「セーフティーバー」も細かく設定ができるので、スクワットのしゃがむ深さに合わせて調整が行いやすいです。

 

スミスマシンでスクワット[注意点]

スミスマシンでスクワットをする際の注意点は、2つ。

1.セーフティーバーを必ずセットする

2スクワットの脚の位置は正確に!

1.セーフティーバーを必ずセットする

スミスマシンでスクワットをする際は、必ず「セーフティーバー」をセットして、安全性を最大限まで高めましょう。

もし「セーフティーバー」をセットせずにスクワットで潰れてしまったら、腰や首回りを強く痛めてしまう可能性が高いです。

また、正しく安全が確保されていれば、、スポーツジムでの事故は発生する確率が各段に下がります。

近くに「セーフティバー」を付けずにトレーニングをしている人がいたら、声掛けをして、事故を未然に防ぎましょう。

助け合いが大事です!

2.スクワットの足の位置は正確に!

スミスマシンでスクワットをする際は、足の位置によって鍛えらえる筋肉ががらりと変わります。

前方や後方に足を置きすぎている場合は、太ももの前側が過剰に使われてしまう可能性があるので、不明な点があれば近くのトレーナーに確認してもらうのがおすすめです。

スミスマシンでスクワット【限界突破をしよう】

スミスマシンでスクワットをして、体をとことん追い込みましょう。

スミスマシンのスクワットは、正しいセッティングを行えば、安全に筋肉を追い込むことが可能となる、優れたマシンです。

安全性が高まれば、限界近くまで筋肉を動かすことに繋がり、筋肉の発達はもちろん、大きな達成感を味わえるでしょう!

PAGE TOP