デスクワークでお疲れのあなたにおすすめの首肩すっきりストレッチ

毎日デスクワーク続きで肩こりを感じたり、ひどい時には頭が痛い…

整骨院やマッサージ屋さんで揉んでもらったら、その時は楽になるけど、2,3日したら元通り…

なんてお悩みの方はとても多いんじゃないでしょうか?

そんな時には身体を動かしてあげる事で簡単に解消できます!

今回は机に座りながらできる、肩こり解消のためのストレッチをご紹介します!

そもそも肩こりを感じる原因は「肩周りの筋肉が硬くなっているから」というのは皆さん体感的にご存知ではないでしょうか?

その原因とはズバリ!「肩周りの動き」です!

デスクワークをしている時、肩は動かしていない状態になっていますよね。

例えばデスクワークでひたすらパソコン業務をしたとします。
キーボードやマウスを操作する時を思い出してみると、肩や肘はほとんど固定して指先や手首だけを動かしていると思います。

その状態だと腕を宙に浮かせたままキープしているのと同じなので、肩周りの筋肉に力が入れっぱなしで動かさない。
力が入っているということは筋肉が疲れて硬くなり、その結果肩こりになっていくという流れの出来上がりです。

ですが、デスクワークをされている以上パソコンを使わない訳にはいかないと思います。
なので、定期的に肩周りの筋肉を動かして、こわばりを取り除く時間を作るという事がとても大切です。

「分かっているけどめんどくさい!」
「そんな時間取れない!」
という方のために、デスクに座りながらできる時間のかからない、器具も不要のストレッチをご紹介します!



1⃣首たおしストレッチ

①左右どちらかの腕を身体の後ろに回します。この時肘は軽く曲げて下さい。

②後ろに回した腕と逆側に首を倒します。

③残っている側の手で、倒している首をさらに引き伸ばします。

ポイント

・後ろに回した腕側の肩を下げて行いましょう。上がったままだと伸びづらいです。

2⃣脇下ストレッチ

①身体の前で手の甲が前を向くように肘を曲げて構える。幅は肩幅よりやや狭くする。

②そのまま机に肘を置き、背筋を丸めて身体を沈めていく。

③可能であればそのままイスを後ろに引いていきさらに伸ばす。

ポイント

・背中を丸めたほうが伸びやすく、可動域も広く取れます。

3⃣あご上げストレッチ

①背筋を伸ばしてあごを上げる。

②そのまま首はリラックスさせてあごの下に両手を添え押し上げる。

ポイント

・肩が上がると、余計な力が首肩周りに入って伸びにくくなります。

〇ストレッチのコツ

・どのストレッチも息を吐きながら行いましょう。息は「フー」と吐くと力が入りやすくなるので、窓を曇らせるような感じで「ハー」と吐きましょう。

・時間は一か所20秒でOKです。可能であればそれ以上長くしても構いません。

・伸ばす動きは勢いをつけずゆっくり行ってください。

・痛気持ちいぐらいまででストップして下さい。痛みを我慢して無理やり伸ばす必要はありません。

この三つを一回やってみるだけでも、すぐに肩のダルさや重さが解消されると思います。

これらを繰り返し行うだけで、肩がこりにくい柔らかい筋肉に変わっていきますよ!

肩こりにお悩みの方は休憩時間にまずは一度お試しください!

VIPパーソナルトレーナーとお話ししてみたい方は、
是非一度、無料カウンセリングにお越しください。

カウンセリングのお申込みはこちら
VIPパーソナルの詳細はこちら


PAGE TOP