【リュックスクワット】自宅にある重りで負荷を足してトレーニング!

家にあるリュックを使ってトレーニング強度を高めましょう! 

家でトレーニングしていて強度が足りないと感じたことはありませんか? 
強度をあげるのにダンベルは良さそうだけど、そんなに本格的じゃないし何か良いアイデアはないかな? 
 
そんなときはリュックを使うとトレーニング強度をあげられますよ。 

必要なものは、リュックと重りの代わりになるモノのみ。
雑誌・ペットボトル・砂など、リュックに入れても問題なさそうなモノを重りの代わりに選択しましょう。 
重いと感じたら中身を減らして、軽い場合は中身を増やして強度を調整するのがおすすめです。 



リュックは左右均等に負荷をかけられるのでバーベルと似た動作を行いやすいです。
 そして、リュックを背負って行える種目はたくさんあります。
 リュックを後ろ側に担げば、重りの負荷がバーベルを後ろに担いでいるのと同じような形で近づきます。
 リュックを後ろに担いだ状態で、スクワットやスプリットスクワット、ランジ種目を行えば、充分に強度を高く保ったままトレーニングが行えるでしょう。
 リュックを背負った状態で腕立て伏せを行えば、強度をあげて胸や腕を鍛えることができます。
 家でもジムさながらのトレーニングの質を確保ですね。

 リュックを体の前側に担いだ場合は、ゴブレットスクワットのような姿勢になり、腰に負担をかけずに下半身を鍛えることができ、ダイエットや下半身の引き締めにも最適です。
 
注意点としては、リュックの強度の高さです。

モノをたくさん入れても壊れないくらいにリュックの強度が高くあることが重要です。
 動作中にリュックが破れてしまったりしたら、家の中が汚れたり傷ついたりする可能性があることに加えて、怪我のリスクも上がります。
 運動習慣をつけようと思ってトレーニングをしているのに、怪我をしてしまって動けない状態になってしまったら本末転倒です。

怪我だけには注意して有意義なおうち時間を過ごしましょう。

初心者向けのスクワットはこちら

VIPパーソナルトレーナーとお話ししてみたい方は、
是非一度、無料カウンセリングにお越しください。

カウンセリングのお申込みはこちら
VIPパーソナルの詳細はこちら


PAGE TOP